東芝で一段と深まる混迷 車谷社長が「事実上解任」

印刷
A
A

モノ言う株主の要求やファンドの買収提案をめぐり東芝の混乱は続く。

東芝は英国の投資ファンド・CVCから買収提案を受けた(撮影:梅谷秀司)

東芝の車谷暢昭社長兼CEOが4月14日に突然、辞任した。後任には前社長の綱川智・会長が復帰。14日の会見に車谷氏の姿はなく、事実上の解任との見方がある。

別記事からのインタビューのように、車谷氏は3月末時点で東芝の経営再建の進捗に自信を示していた。だが、東芝再建をめぐる社内外の温度差は大きく、アクティビスト(モノ言う株主)との対立が深まっていた。東芝の指名委員会が行った社内の上級管理職による車谷氏への信任の調査でも半数以上が不信任だった。

そんな中、英国の投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズが東芝買収を提案した。株式公開買い付け(TOB)による上場廃止を想定しており、買収総額は2兆円超。東芝はCVCから詳細な提案を受けた後に本格的に検討を開始する。

CVCは車谷社長の「古巣」ゆえに、さまざまな臆測が飛び交っていた。車谷氏は三井住友銀行副頭取からCVC日本法人会長に転じ、2018年に東芝会長に就くまで約1年間在籍した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内