有料会員限定

CSR企業ランキング 2021年版 信頼される会社

印刷
A
A

CSRの先進企業を総合ランキング、部門別ランキングで徹底分析。

本誌・データ事業局:岸本吉浩、村山颯志郎
写真:職業体験施設「キッザニア」のKDDIのブース。未来の街をつくる仕事を子どもが体験

総合 上位企業
KDDIが2年連続トップ 積極的な社会貢献が光る

社会のさまざまな課題を企業の力で解決しようという動きが広がっている。SDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・企業統治)、サステイナビリティー(持続可能性)といったキーワードが語られるが、その基礎を成す考えがCSR(企業の社会的責任)だ。社会が複雑になるに従い、企業に求められる責任は大きくなっている。

このCSRと財務の両面から「信頼される会社」を見つけようとするのが、東洋経済が毎年公表する「CSR企業ランキング」だ。15回目となる今回はCSR143項目、財務15項目で総合評価を行った(作成方法は関連記事「CSR企業ランキング」とは?を参照)。

特集「CSR企業ランキング 2021年版」の他の記事を読む

総合ランキングのトップは2年連続でKDDI。部門別に見ると、人材活用が15位、環境が31位、「企業統治+社会性」が3位、財務が4位と、各部門で上位に入り、総合スコアで連覇を達成した。

同社は、CSR活動のマテリアリティー(重要課題)に「安全で強靭な情報通信社会の構築」「エネルギー効率の向上と資源循環の達成」などを掲げる。専任のサステイナビリティー担当役員が社内の課題を幅広く見ながら活動を推進する仕組みになっている。全社員を対象に内部通報制度に関する意識調査を実施するほか、内部監査部門を充実させ、グループ内の各組織に内部統制責任者を置くなど、ガバナンスのレベルは高い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内