コロナであらゆる業界が激変に見舞われた 「ニュース最前線」で振り返る2020年

印刷
A
A

週刊東洋経済の『ニュース最前線』で2020年に掲載した中から、月ごとにアクセスの多かった記事を中心に再録します。

1月
23年ぶりトップ交代
新社長に2つの課題

写真をクリックすると記事に飛びます

GMS(総合スーパー)最大手・イオンのトップ交代。国内外で300社を超えるグループ企業の幹部がトップ交代を知ったのは1月10日の発表当日だったといいます。新社長が抱える課題とは>>記事を読む

 

2月
新型肺炎の「致死率」
武漢だけが突出する理由

写真をクリックすると記事に飛びます

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた当初、武漢での様子は世界中の注目を集めました。独立系の調査報道メディア「財新週刊」によるリポートです>>記事を読む
 

3月
サウジがまさかの増産
原油相場は長期低迷が必至

写真をクリックすると記事に飛びます

直前のOPECプラスは協調減産が主眼でした。ところが、中東最大の産油国であるサウジアラビアの“単独行動”が原油大暴落を招きました>>記事を読む

次ページソフトバンクGが巨額赤字
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内