持続可能な食の実践に壁、人間の合理性の限界 食糧問題解決には農業の革新に加えて食生活の変化も必要

印刷
A
A

2015年、国連サミットで、「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択された。聞いたことはあるが、「貧しい国の話」や「自分にできることなんてない」と、ひとごとと思っている人も多いかもしれない。

しかし実際には、私たちの日常生活もSDGsと深く関わっている。とりわけ身近なものが食生活だ。現在、世界では自然環境への負荷(環境的負荷)に配慮した、「健康的で持続可能な食生活」を重視する意識が高まっている。

食生活にも環境への配慮を必要とする理由の1つが、世界人口の急増だ。世界人口は今後30年間で現在の約1.3倍となる、100億人に達する可能性がある。そのような短期間で、100億人もの人々の食料をどうやって確保するかが、喫緊の課題なのだ。

理論上は、現在の耕作面積と農業生産技術があれば、100億人を養えるだけの穀物生産が可能だ。しかし、家畜の飼料用の穀物や、食肉消費の増加などの食生活の変化を考慮に入れると、30年後には現在の1.7倍もの穀物生産量が必要になるともいわれている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内