有料会員限定

文学|2018年に出たこの5冊|斎藤美奈子 ブックガイド

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
文芸評論家 斎藤美奈子
さいとう・みなこ●1956年生まれ。94年に望まない妊娠を扱った小説群を評した『妊娠小説』でデビュー。近著に『日本の同時代小説』。(撮影:梅谷秀司)

特集「ビジネスパーソンはこれを読め|2018年に出た「この5冊」」の他の記事を読む

エンタメに秀作多し 頑張れ純文学

文芸評論のうち、私はどちらかというと純文学派なんですが、最近の娯楽小説は歴史、地勢をきちんと書き込み読み応えがあります。純文学はエンターテインメントに押されている。

宝島』の舞台は沖縄。沖縄のイメージって、政治とリゾートの二つに引き裂かれているけど、『宝島』はそこから抜け落ちているものをうまくすくい上げています。

キーワードは「戦果アギヤー」。米軍基地に侵入して物資を盗み出し、貧しい人々に分け与えたりもするねずみ小僧みたいな人たち。伝説の戦果アギヤー、オンちゃんが嘉手納基地襲撃後に行方不明になり、親友、恋人、弟の3人が自分の人生を生きつつ、オンちゃんの影を追うという青春小説です。二十歳(はたち)をとうに過ぎて、親友は刑務所を出て警官になったり、恋人は教師になったりと、読んでいて元気づけられる。冒険小説でもあるのでワクワクドキドキできる。

さらに、沖縄の戦後史が丁寧に書かれていて、沖縄と本土の関係を考える際に参考になります。コザ暴動なんて学校で教えないでしょう。そもそも、基地から物資を盗まなきゃ生きていけない状況を、占領下とはいえ本土は放置していたわけで、一種の棄民。現在ともつながる。でも、沖縄はやられっ放しじゃないことが伝わり爽快。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内