有料会員限定

大阪万博再来で始まる 費用とカジノの綱引き 膨らむ「大阪復権」の夢

印刷
A
A

大阪万博の開催が決まったが、地元ではさまざまな思惑が交錯している。

(前列左から)大阪開催が決まり、喜ぶ世耕弘成経産相、榊原定征・経団連前会長、松井一郎大阪府知事(時事)

55年ぶりの国際博覧会(万博)開催の報は、大阪の人々に半世紀前の繁栄の記憶を呼び起こし、気分を高揚させた。

「商都・大阪復活へ最後のチャンス。1970年万博が“産業革命”だったように、われわれ商業者もインバウンドとスマートフォン・AIの時代に対応して変わるきっかけにせなあかん」と、市内にある約300の商店街を束ねる大阪市商店会総連盟の千田忠司理事長は語る。

千田氏が理事長となって24年の間に会員数は半減したという。自身も難波で食器店を営み、街の衰退を感じている。危機感から「オール大阪」の招致活動を呼びかけ、旗振り役となってきた。70年万博のコンパニオンだったという女性は「にぎやかで本当に楽しかった。あの活気が戻るのはうれしい」と笑顔を見せた。

大阪都構想が再燃か

11月24日未明に決まった万博は2025年の5月3日から11月3日まで大阪の人工島・夢洲(ゆめしま)で開催される。来場者は約2800万人、その経済効果は約2兆円と見込まれている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内