有料会員限定

変貌するフィットネス業界 小型24時間ジムが大旋風

印刷
A
A

プールやスタジオはないが、24時間年中無休で会費も安い。そんな新業態の小型ジムが全国で急増し、多くの会員を集めている。

本誌:渡辺清治、常盤有未

写真:24時間ジムは利便性と会費の安さで、若い世代に支持されている(写真はエニタイムフィットネス平和島店)

都内に住む30代会社員のAさんは、ダイエットのために一念発起し、自宅最寄り駅近くにできたスポーツジムに半年前から通っている。プールやスタジオを併設している大きな総合フィットネスクラブと違って、そのジムには筋力トレーニングやランニングなどのマシンしかない。しかもコンビニより多少広い程度で、夕方以降はスタッフもいない。

にもかかわらずそのジムを選んだのは、「家から近く、24時間営業で料金も安いから」。Aさんは平日夜、帰宅して夕食後にくつろいでから運動着に着替え、歩いてジムに行く。終わったら汗をかいたままの運動着で自宅に戻り、風呂に入って就寝する。「残業などで遅くなっても利用できるし、サッと行ってサッと帰れるところがいい。自分には合っている」。

こうしたマシンに特化した24時間営業の小型ジムが全国で急増し、フィットネス業界に大旋風を巻き起こしている。鉄道の駅周辺にあるビルの1フロアを借りて営業する60~80坪ほどの店舗が多く、月会費は総合型フィットネスクラブより3割前後安い。近くにあって、いつでも利用できるため、「コンビニ型ジム」や「24時間ジム」と呼ばれている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内