有料会員限定

JR北海道 労使癒着の深い闇 集中連載 JR歪んだ労使関係(2)

印刷
A
A

業績不振のJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが現状の異常な労使関係を放置したままでよいのか。

ノンフィクションライター●西岡研介
写真:JR北海道は赤字路線を多数抱え、自力での再建が難しい

平成が終わりに近づいた今年、JR東日本が30年余り続いた「昭和の問題」の清算、すなわち革マル派と密接な労働組合との決別に向けて、労務政策を転換したことは前号で述べた。だがJRの中には、いまだにそうした労組と「労使共同宣言」を結び、協調路線を歩んでいる会社がある。民営化以降最大の経営危機に瀕し、このままだと2020年にも資金ショートの可能性すらあるJR北海道だ。

最大労組で起きたスパイ事件と除名処分

17年6月、札幌市内のホテルで「北海道旅客鉄道労働組合」(JR北海道労組)の定期大会が開かれた。JR北海道労組は社員の約8割、5530人を擁し、同社の組合の中では9割以上が所属する最大労組だ。

特集「革マル派と密接な組合が圧倒的影響力 JR北海道 労使癒着の深い闇」の他の記事を読む

そしてJR北海道労組は、公安当局が「影響力を行使しうる立場に革マル派活動家が相当浸透している」と見るJR総連(全日本鉄道労働組合総連合会)の傘下にあり、当局が「実態について鋭意解明に努めている」(18年2月、政府答弁書)とする組合だ。現在、JR総連の執行委員長には、JR北海道労組の前執行委員長が就いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内