有料会員限定

安倍首相の「明治レジーム」への傾倒 山口出身の強い誇りはどこから

✎ 1〜 ✎ 152 ✎ 153 ✎ 154 ✎ 最新
拡大
縮小
施政方針演説で、明治改元150年を強調した安倍首相(EPA=時事)

安倍晋三首相が年内の憲法改正発議を目指す動機の一つに、今年が明治改元150年に当たるということがある。

「憲法はこの国の形、理想の姿を示すものであり、私たちは時代の節目に当たって、どのような国づくりを進めていくのかという議論を深めるべきときに来ている。憲法改正は、国会が発議をし、最終的には国民投票によって決するわけで、国民の皆様が決めるものだ。国民の皆様が権利を実行するためには、国会で真摯な議論を行っていく、議論を深めていくことが必要であり、私たちにはその義務がある」

1月31日の参議院予算委員会、自民党の高野光二郎参院議員が、明治維新を引き合いに「憲法という日本のあるべき姿を国民が共有することで、イノベーションを起こすことができる」と指摘したのに対し、安倍首相は「国民の権利」「国会議員の義務」という強い表現で、発議に向けて改憲論議を進めていくべきだと主張した。

安倍首相は通常国会冒頭から明治改元150年を強調している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内