有料会員限定

グローバル人材育成を加速、都心回帰で利便性も追求 名古屋の大学は元気いっぱい!

印刷
A
A

愛知の私立大学が元気だ。2005年と15年の私立大の志願者数を比較すると、愛知の大学は16万3000人から24万2000人と48%の伸びとなっている。同時期の他地域の志願状況は、1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)が18%、京阪神(京都、大阪、兵庫)が20%の増加なので、愛知の志願者の伸びの大きさがわかる。

愛知の私立大が元気ということは、県内でも多くが集中する名古屋の大学も元気だということ。その要因について、河合塾教育情報部長の富沢弘和氏は、「今の受験生は地元志向が強い。有力な産業が少ない地域では、就職で地元を離れなければならないが、トヨタ自動車など大企業が多い名古屋は、大学から就職まで地元で完結する」と話す。

受験生の地元志向の高まりとともに、それぞれの大学独自の取り組みも無視できない。その一つが国際化だ。中部国際空港と貿易額日本一の名古屋港があり、多数のグローバル企業を抱える土地柄、大学がグローバル人材の養成に力を入れるのは当然ともいえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内