有料会員限定

文在寅の韓国 9年ぶりの政権交代

印刷
A
A

5月9日の韓国大統領選で、9年ぶりの政権交代が実現した。新大統領は「反日」とされるが、それは事実か。

(本誌:福田恵介)写真:5月10日、韓国の大統領に就任した文在寅。北朝鮮問題で日米と足並みをそろえられるかが懸念される

前職大統領の弾劾・罷免という、前代未聞の事態を受けて5月9日に実施された韓国大統領選挙。選挙戦前から安定した支持を獲得していた最大野党「共に民主党」前代表の文在寅(ムンジェイン)が圧勝を遂げた。政権交代となり、2022年までの5年間にわたる文在寅の韓国の幕が開いた。

故・盧武鉉(ノムヒョン)元大統領時代(03~08年)に、大統領府秘書室長を務めた文在寅。進歩(革新)系の大統領だった盧武鉉は在任中、慰安婦問題など歴史認識問題では「反日」というイメージが強く、その側近だったことで文在寅にも「反日」「左翼」大統領という視線が日本から送られている。

が、その見立ては正しいのか。それについては84㌻以降で詳述するが、まずは今回の選挙戦を振り返ってみよう。

得票率40%超 政権運営に追い風

李明博(イミョンバク)、朴槿恵(パククネ)と9年間続いた保守政権は、朴槿恵が国政不正介入事件や贈収賄などの容疑により、弾劾・罷免、そして逮捕されるという不名誉な形で終わり、革新政権へ交代することとなった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内