有料会員限定

図書館の達人が教える攻略法 受身の姿勢では得るものは少ない

印刷
A
A

ここでは図書館活用のコツを七つ紹介する。この七つを糸口に、図書館を使いこなしてみてほしい。

図書館が提供するサービスは、いわば「プル式」になっている。すなわち、自分から動かず、口を開けて待っていても何も出てこない。反対に、「こんな資料はないだろうか?」「こういうことに使ってみたらどうだろう?」と、能動的に使いこなす方法を考え、いろいろと試行錯誤してみるのが大事。そうしてこそ、図書館が大きな力を発揮して、得るものもその分大きくなるのだ。

基礎1

拠点館で全体像をつかむ

基本は、まめに足を運んでみること。インターネットで予約した本の受け取り・返却だけでなく、館内を歩き回ってさまざまな情報に触れ、自分なりの答えを模索していく。そんな「場」としての活用を考えてみてほしい。

まずは、家や会社の近くなど、通うのにそれほど負担を感じない図書館を「拠点館」としよう。拠点館は蔵書が何十万、何百万冊もあるような大きな図書館でなくてもよい。逆に中小規模の図書館の方が分類法などのシステムを理解し、提供されているサービスの全体をつかみやすい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内