有料会員限定

入社直後の“燃え尽き症候群"が続出 優秀な学生ほど陥りやすい

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

就活の勝ち組は人生の勝ち組──。就職難といわれる時代が続き、多くの学生が当たり前にそう考えるようになった。が、現実はそう単純ではない。入社後1~2年という早い段階で働く気力を失ってしまう「就活エリート」が近年、増加傾向にあるのだ。

今年の春、大手旅行代理店に新入社員として入社したAさん(男性、25)は、5月の中旬から配属先の支店を休みがちになり、6月末には早くも退職することになった。Aさんが先輩社員に漏らした不満は、「ヨーロッパ旅行を売りたいのに、新人には扱わせてもらえない」というもの。同じ海外旅行の手配でも、日本から遠くなるほど渡航の手続きが煩雑になるのは、素人にも想像がつく。したがって新人はまず、台湾や韓国といった近場の販売から覚え、徐々に担当範囲を広げていく。そんな会社の教育方針が、Aさんには受け入れがたかったようだ。

これは決してまれな例ではない。相次ぐ早期の退職に頭を悩ます企業は多い。打開策として、新入社員教育の内容を見直す企業も出始めた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内