有料会員限定

立ちはだかる民主主義の壁 ヘリコプターマネー論に

✎ 1〜 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 最新
拡大
縮小

米国連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ前議長の来日を機に、海外勢を中心に日本のヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策に関する思惑に火がついた。バーナンキ前議長はFRB理事時代に、金融政策がゼロ金利制約に直面した場合の処方箋について、量的緩和策などとともに、選択肢の一つとしてヘリマネを挙げ、「ヘリコプター・ベン」の異名を得ることになった。

ヘリマネはもともと、マネタリスト経済学者であるミルトン・フリードマンが著書『貨幣の悪戯』で例え話として示した「ヘリコプターから現金をバラまくように、政府と中央銀行が大量の貨幣を市中に供給する政策」のことだ。金融政策による財政ファイナンス(つまりマネタイゼーション)を指す。

日本では2019年の消費再増税と20年の東京オリンピックという2大イベントが控える。長期的には、それを前にヘリマネ政策が実施される可能性を完全に否定することはできまい。だが、まず重要なことは、ヘリマネ政策をどのように定義するかだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内