有料会員限定

ベビーメタルが世界的にヒットした理由とは コンセプトの"ありえない合体"が斬新さ生む

印刷
A
A

知らないあなたは遅れている。日本発、ヘヴィ・メタルの異色スター。

松田聖子、宇多田ヒカル……海外市場に挑戦した日本の音楽アーティストはあまたいるが、その誰もが到達しえなかった地点に、10代の女の子3人が躍り出た。

日本発のヘヴィ・メタルのダンスユニット、BABYMETAL(ベビーメタル)。4月に発売した2枚目のアルバム『メタルレジスタンス』が、米国の音楽ヒットチャート・ビルボードで39位に入ったのだ。日本の音楽アーティストがトップ40に入るのは坂本九以来(14位)、53年ぶり。英国でも全英総合アルバムチャートで15位と、日本人単独のアルバムとしては冨田勲の記録(17位)を41年ぶりに更新した。

BABYMETALとはいったい、何者なのか。ボーカルのSUーMETAL(スゥメタル)、ダンスとスクリーム(合いの手)担当のYUIMETAL(ユイメタル)とMOAMETAL(モアメタル)の3人は、メタルの神であるキツネ様が遣わしたメタル復活の使徒、という設定。現実には大手芸能事務所アミューズに所属する小中学生アイドルグループ・さくら学院から派生したユニットだ。バックバンドの神バンドは国内の超一流演奏者を集めているが、白装束に死人風のメイクといういでたちは人をギョッとさせる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内