妙心寺春光院副住職 川上全龍氏に聞く 『世界中のトップエリートが集う禅の教室』を書いた

印刷
A
A

固定観念にとらわれず、自らのポテンシャルを引き出すにはどうすべきか。座禅、禅的思考の効用を説く。

世界中のトップエリートが集う禅の教室
世界中のトップエリートが集う禅の教室(KADOKAWA/角川書店/207ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──いすに座る座禅でいいのですか。

別に足を組まなくてもいい。正座や胡坐(あぐら)はことさらストレスがかかるので、両足を組む結跏趺坐(けっかふざ)、片足だけの半跏趺坐(はんか ふざ)が勧められるが、いすに座っていても構わない。趺坐は共に平らなところで背筋を伸ばし、いずれ心地よく座れるようになるのが目的。座禅会でそう説明しても、みなさんすぐに形にこだわり趺坐をしたがる。20分ももたず足が痛くなるのに固定観念から抜け出せない。

──英語での座禅会には一見の観光客も参加できますね。

アジアの人、特に中国系、シンガポール系の人はソーシャルメディアの口コミサイトで知って来る。欧米の人は伝統的なメディア媒体のテレビや雑誌で見たり、友人から聞いたりして訪れる人が多い。定期的に始めて10年になる。

──けっこう続いています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内