有料会員限定

航空エンジン、装備・内装品メーカーの実力

印刷
A
A

IHI(エンジン)、ジャコム(内装品)、ナブテスコ(飛行制御機器)、住友精密工業(主脚)

IHI
A320、B787など有力機のエンジンに参画

エアバスのA320、ボーイングの777と787。これら人気旅客機のエンジンに深くかかわっているのが、総合重工メーカーのIHIだ。米GEなど航空エンジン世界大手の開発パートナーとして、低圧タービンやファンモジュールなどの開発・製造を担っている。

IHIは航空エンジンの国内最大手。自衛隊の戦闘機用などで技術を磨き、1980年代に民間分野にも進出した。旅客機市場の拡大を受け、民間用の売上高は過去10年間で倍増し、3000億円規模にまで成長。昨年度は防衛用を含むエンジン部門全体で、連結営業利益の6割超に当たる395億円を稼ぎ出した。

旅客機エンジン業界のビジネスモデルは独特だ。エンジンのカタログ公表定価は100席台の狭胴機用で10億円以上、中大型機用で25億円以上するが、実際の販売価格はその2~3割程度だ。通常、ボーイングやエアバスはメーカーが異なる2種類のエンジンを用意してエアラインに選ばせるため、導入コストが高いと選択してもらえない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内