有料会員限定

この国のデモについて話そう 60年安保、脱原発、そして2015年

印刷
A
A
(撮影:梅谷秀司)

特集「僕たちは今日もデモへ行く!」の他の記事を読む

デモは社会の変化を象徴する

慶応義塾大学教授●小熊英二(53)

脱原発デモを記録した映画『首相官邸の前で』を監督した 

デモの形も社会の変化につれて変わっている。1960年代のデモは「組織動員型」だったが、今は「プロジェクトチーム型」。「日本企業型」「シリコンバレー型」と言ったほうがわかりやすいだろうか。

60年代は労働組合、学生自治会などの共同体単位でデモを行った。動員は共同体の全員参加で、のぼり旗にはスローガンではなく組織名を記していた。

今は学生の運動でも、学内で組織するという発想がなく、インターネット経由で各大学から有志が集まる。彼らはデモの企画を立てネットで情報拡散し、人々の自由参加を待つだけだ。

個々人の行動形態も違う。60年代なら酒を酌み交わし、革命の話で花が咲いた。今はメールで打ち合わせし、酒を飲む文化はない。実務的な活動分担以外の話もしない。真剣さや情熱はあるが、それはドラムをたたいたり、ラップ調のコールを工夫したりする形で表現される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内