有料会員限定

金融に危うさを抱えた誰もが不機嫌な時代に突入 地政学

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

新しい年の動向は、非常にファジー(あいまい)な状況の中で見極めていかなくてはならないため、評価が難しい。あえて表現するならば、「不機嫌で、危うい年」ということになるだろう。

たとえば2014年はロシアが手玉に取った年だったといわれているが、プーチン大統領は上機嫌で新年を迎えられるわけではない。欧米等の制裁がダイレクトに効いているかどうかは別にして、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の一員であるロシアへの投資という形で世界の金融が動いていたときとは大きく変わり、現在ロシアは孤立している。

IMF(国際通貨基金)が14年10月に経済見通しを出しているが、ロシアは間違いなく、14、15年とほぼゼロベースの成長に入っていくだろう。そういう面でロシアは不機嫌だ。

一方、米国のオバマ大統領は中間選挙大敗でレームダックといわれている。しかし議会がオバマを制御するかといえば、そう単純な話でもない。なぜならオバマは、大統領制の最大任期2期の満了を控えているため、議会に媚を売る必要がないからだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内