銚子電鉄、社長が自ら「運転士」を兼ねる台所事情 本業は税理士、3度目の挑戦で技能試験に合格

印刷
A
A

「おかげさまで『社長自ら運転⁉』と自虐ネタがひとつ増えました。自虐ではなく、笑ってもらえる自虐になるようにと、私は『自ギャグ』と呼んでいるのですが。電車の運転士といえば昔から男子の憧れの職業です。子どもの頃の夢が叶ったと思って喜んで運転していますよ」

と竹本社長は笑ってのける。現在は週に1日から2日ほど、予備運転士として運転シフトに組み込まれている。

電車を運転するだけにとどまらない。「DJ社長が運転する貸し切り電車」なるものまで始めた。「DJ」というのは「ディスクジョッキー」だけではなく、「ドン引きする冗談」の略でもあり、「DJ列車」は、自らがDJ風にギャグを織り交ぜながら観光案内をする貸し切り列車だ。

副業集団のロマンチスト団長

銚子電鉄の役員体制は少々変わっている。取締役8名全員が本業を別に持ち、皆さん副業として銚子電鉄の取締役を務めているのだ。副業といってもほぼ無報酬で、銚電愛あってのボランティア活動に近い。竹本社長は、「役員報酬は月収ぬれ煎餅30枚円で皆さんに取締役をお願いしている」と言っているが、あながち冗談でもない。

「廃線寸前! 銚子電鉄」 (交通新聞社新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なぜ彼らは無報酬で銚子電鉄の役員を引き受けたのだろうか。

旅行代理店幹部の役員・柏木亮常務は、ある意味本業以上に熱心に企画立案や運営を担っている。中央大学鉄道研究会出身の彼は小田急ロマンスカーの大ファンで、実は銚電ファンではない。

そんな彼を、竹本社長が「ウチにはロマンスカーはないけど、ロマンはある」と説得した。今では銚子電鉄の広報をはじめプロデューサー的役割も担う重要なポジションに就いている。

リクルート出身で現在は有名企業の副部長を務めているという取締役もいる。彼は「本業に徹していればもっと偉くなっているはず」な人であるにもかかわらず、「乗りかけた電車ですから」と銚電の立て直しに日々奮闘し、「本業に邁進することも一つの選択肢だけれど、いつか年老いて自分の人生を振り返ったとき、やっぱりあのとき、銚電にかかわれてよかった。おもしろかったなあときっと思えるに違いない」と語っている。

竹本社長は言う。

「本業からちょっと外れているところに、仕事だけではたどり着けないおもしろさやロマンがあるのではないか」

銚子電鉄は、おかしなことばかりやっている妙な集団と思われているかもしれない。しかし、「銚子電鉄を走らせ続ける」という目的のために、仲間とともに報酬度外視で自身も走り続けるロマンチスト集団であり、その団長が竹本社長なのだと、私は思っている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT