元日まで9日間!英国鉄道「長期運休」のワケ

クリスマスは全国運休、さらにその後も

クリスマス当日の全面運休を知らせるポスター。25日は「No service(運転なし)」と書かれている(ストラットフォード駅で、筆者撮影)

「クリスマスの日に日本に帰る航空券を持っているんです。ロンドンに来てから『イギリスの12月25日って、乗り物がまったく動かない日』だって初めて知りました。空港へどうやって行けばいいんでしょうか――」

12月も下旬に差し掛かったある日、日本からロンドンを訪れた1人旅の女性からこんな質問を受けた。大都市のあらゆる交通機関がまったく動かない日があることなど、普通の常識ではまず考えられない。現地に着いてからそんな状況を知る人がいるのは不思議ではない。

クリスマスに止まる交通機関

英国の駅は、クリスマス当日までに故郷に帰る人々で混雑する(ロンドン・ユーストン駅で、筆者撮影)

イギリスでは「日曜はお祈りに行くべき日」という考え方から、一定以上の規模を持つショップは業種を問わず、日曜日の営業時間は11時もしくは12時から6時間以内と定められている。教会にとって最も重要な日であるクリスマスも「とにかく全国民は休むべきだ」という考え方のもと、陸上を動くすべての公共交通機関は運休となる。

ロンドンの足も例外なく、ロンドン交通局(TfL)が運営する地下鉄をはじめ、市内を走り回る2階建てバスを含めた公共バス全線、トラム、水上バスなどあらゆる交通が全面的に運休する。

次ページタクシーも「正当に」割増運賃を取れる
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。