元日まで9日間!英国鉄道「長期運休」のワケ

クリスマスは全国運休、さらにその後も

クリスマス当日の全面運休を知らせるポスター。25日は「No service(運転なし)」と書かれている(ストラットフォード駅で、筆者撮影)

「クリスマスの日に日本に帰る航空券を持っているんです。ロンドンに来てから『イギリスの12月25日って、乗り物がまったく動かない日』だって初めて知りました。空港へどうやって行けばいいんでしょうか――」

12月も下旬に差し掛かったある日、日本からロンドンを訪れた1人旅の女性からこんな質問を受けた。大都市のあらゆる交通機関がまったく動かない日があることなど、普通の常識ではまず考えられない。現地に着いてからそんな状況を知る人がいるのは不思議ではない。

クリスマスに止まる交通機関

英国の駅は、クリスマス当日までに故郷に帰る人々で混雑する(ロンドン・ユーストン駅で、筆者撮影)

イギリスでは「日曜はお祈りに行くべき日」という考え方から、一定以上の規模を持つショップは業種を問わず、日曜日の営業時間は11時もしくは12時から6時間以内と定められている。教会にとって最も重要な日であるクリスマスも「とにかく全国民は休むべきだ」という考え方のもと、陸上を動くすべての公共交通機関は運休となる。

ロンドンの足も例外なく、ロンドン交通局(TfL)が運営する地下鉄をはじめ、市内を走り回る2階建てバスを含めた公共バス全線、トラム、水上バスなどあらゆる交通が全面的に運休する。

次ページタクシーも「正当に」割増運賃を取れる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT