北朝鮮ミサイル発射で安全資産「金」買われる

リスク資産から安全資産へ逃避

[ベンガルール 4日 ロイター] - 4日のアジア市場で、金相場が上昇。この日午前に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、リスク資産から安全資産への逃避がみられる。金現物<XAU=>は0734GMT(日本時間午後4時34分)時点で0.4%高の1オンス=1224.71ドル。

3日には一時1.7%下落し、5月11日以来の安値となる1218.31ドルを付けていた。

8月限月のニューヨーク金先物<GCcv1>は0.4%高の1224.50ドル。

人気記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。