何をどう「ファクトチェックの対象」にするべきか 「確率的な調査」によって引き出せる情報が増加

✎ 1〜 ✎ 263 ✎ 264 ✎ 265 ✎ 最新
拡大
縮小
ファクトチェックイメージ
(写真:ELUTAS/PIXTA)

社会に広がる情報が事実に基づいているかどうかを調べることは、近年容易になってきた。例えば、FactCheck.orgやPolitiFactといったサイトでは、政治にまつわる発言・声明の信憑性を簡単に調べられる。

情報の受け手が発言の真偽を調べることができる場合には、虚偽情報の拡散が抑制されると考えられる。だが、当たり前に見えるこの現象の背後ではいくつかの要因が複雑に絡み合っている。

まず、うその情報発信にはコストが伴うことがある。具体的には、間違った情報発信に付随する心理的なコストが挙げられる。近年の先行研究では、うそへの嫌悪感を持つ人やうその発覚を恐れる人は慎重に発言するようになる、と理論的に示されている。また、誤情報拡散の風評コストを高めることで、政治家が誤報を流すのを抑止できると示す実証研究もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内