有料会員限定

「ソ連を崩壊させた男」、ブルブリス氏の世界観 スターリン主義との決別、北方領土返還に賛成

✎ 1〜 ✎ 371 ✎ 372 ✎ 373 ✎ 最新
拡大
縮小

ゲンナジー・エドゥアルドヴィッチ・ブルブリス氏(1945年8月4日〜2022年6月19日)は、筆者がこれまでに面識を持った人々の中で、最も頭のよい人物だった。学識が豊かなだけではない。理念を実行に移す力があった。もっとも現在のロシアでブルブリス氏は、ソ連を崩壊させ、ロシアを混乱させた張本人として嫌われている。

ロシア人も死者にむち打つのは人間としてよくないという感覚を持っている。しかし、ブルブリス氏は適用外になっているようだ。同氏の死去について伝えるロシアのマスメディアはいずれも否定的コメントを付していた。

エリート層に影響を与える「イズヴェスチヤ」(電子版6月19日)はこう報じた。

CIS・ユーラシア統合・在外同胞問題に関する国家院(下院)委員会のレオニード・カラシニコフ委員長は「ソ連崩壊の父」を自認していたブルブリスについてこう述べた。「死者を悪く言うことはよくないが、私はブルブリスについてよいことを何一つ覚えていない。自身がソ連崩壊とベロヴェーシ合意(独立国家共同体の設立に関する協定)の父であると述べていた。私個人としては、まったく是認することができない」。

ソ連を崩壊させた男、ブルブリス氏とは

現在のロシアでは、政治エリートも大衆もブルブリス氏に忌避反応を示している。

次ページ北方四島を返還すべきと公の場で述べた
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内