iPhoneの「優遇強制」、理不尽ルールにAppleの影 陳列場所指定や台数ノルマ、比較禁止で束縛

印刷
A
A

携帯電話の販売現場で起こっているさまざまな異変。販売代理店などを通じ消費者に不利益が生じかねない、数々の問題に迫る。

東京都内のソフトバンクショップの店頭では、発売から11カ月経つiPhone 12が「ガイドライン」どおりに入り口のいちばん目立つ場所に陳列されていた(9月21日、記者撮影)

特集「携帯販売の大問題」の他の記事を読む

9月24日に華々しく新型のiPhone 13の発売を開始した、アメリカのアップル社。同社スマートフォンの世界シェアは14%前後だが、日本では6割弱と、他社製品を圧倒する。

その裏で、日本国内の携帯大手各社が販売代理店や量販店等に対し、iPhoneを陳列場所で優遇することを指示したり、販売台数ノルマを課したりしていることが東洋経済の取材でわかった。守れなかった場合のiPhoneシリーズの取り扱い資格停止もちらつかせており、独占禁止法違反にあたるおそれがある。

そして、携帯大手各社の指示やノルマは、実質的にはアップル社によるものという可能性が濃厚だ。

「一番目立つ場所に展示して」

「iPhone、iPadの展示は、店内で一番目立つ場所に展示してください」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内