微アルコールでアサヒが狙う新市場 苦境の酒類業界で定着するか

印刷
A
A

次々と投入される度数1%未満の商品は、消費者の間に定着するか。

アサヒビールやサッポロビールの新商品では「微アルコール」の文字が強調されている

9月28日、アサヒビールが缶入りハイボール「アサヒ ハイボリー」を発売する。ハイボールとはいえ、アルコール度数はわずか0.5%だ。

同社は目下、「微アルコール」と呼ぶ低アルコール商品の品ぞろえを強化している。ハイボリーは2021年3月に発売した度数0.5%のビール風味飲料「アサヒ ビアリー」に続く商品となる。

サッポロビールも度数0.7%のビール風味飲料「サッポロ ザ・ドラフティ」を9月14日に発売する。缶のラベルで強調されているのは「微アルコール」の文字だ。

ザ・ドラフティの販売目標は発売後約4カ月で30万ケース(1ケース=大瓶633ミリリットル×20本換算)。年間約1300万ケースを販売する看板商品「黒ラベル」に比べると規模は小さいが、商品発表の会見で野瀬裕之社長は「(新商品によって)新しいカテゴリーをつくりたい」と意気込んだ。

アサヒのビアリーの製法は、ビールを一度造ったうえでアルコールを抜くというもの。サッポロも生ビールを原料とし、そこに工程を重ねることでアルコール度数を低くする。結果として、通常のビールよりも製造コストがかかってしまう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内