日立、米IT企業「1兆円買収」の成否 市場は懸念も

印刷
A
A

独自IoT基盤「ルマーダ」を世界展開へ。市場の減損懸念を払拭できるか。

日立製作所の東原敏昭社長は1兆円買収に自信を見せている(撮影:尾形文繁)

日立製作所が過去最大級となる1兆円超の巨額買収に打って出た。

日立は7月までに、米IT企業「グローバルロジック」の全株式を、海外投資ファンドなどの既存株主から96億ドル(約1兆0368億円)で取得する。

日立は日本を代表する製造業大手だが、近年は単純なモノ売りから脱し、モノとインターネットをつなぐIoT分野などデジタル企業への転換を進めている。今回の買収もその一環で、ITサービスを軸に海外展開を加速させたい考えだ。

グローバル社は2000年に創業して急成長している新興企業だ。世界14カ国に2万人の従業員を抱え、通信や金融、自動車など欧米の大手企業を中心に400社以上の顧客を持ち、企業の業務システムの開発などを手がけている。

21年3月期の業績見込みは売上高が約1000億円(前期比約19%増)に対し、調整後EBITDA(利払い前・税引き前・償却前利益)率は20%超に上る高収益企業だ。今後も拡大が続く企業のデジタル投資により、高い成長が見込めるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内