自社ECで安売り、資生堂社長が異例の謝罪 専門店の信頼は回復できるか

印刷
A
A

自社ECサイトでの安売りに、化粧品専門店から不満が噴出した。

資生堂の自社ECサイト「ワタシプラス」では昨秋、値引きセットが販売された

「今般の弊社ワタシプラス施策に関し、専門店お得意先さま各位には、多大なご心配をおかけしたことに対し深くお詫びを申し上げる次第です。(中略)皆さまから弊社に対する信頼を損ねることとなったことは誠に遺憾であり、資生堂グループの責任者として陳謝いたします」

「ワタシプラス取り組みに関するお詫び」と題されたこの文書。化粧品国内最大手の資生堂が2020年12月2日付で化粧品専門店に配付したものだ。化粧品専門店とは、資生堂やコーセー、カネボウ化粧品など多くの化粧品メーカーのブランドを販売する、化粧品に特化した小売店を指す。

詫び状には、魚谷雅彦社長の直筆と思われる署名がある(関係者提供)

詫び状には、資生堂社長兼資生堂ジャパン会長である魚谷雅彦氏の直筆と思われる署名がある。

「化粧品専門店を30年以上経営しているが、社長からお詫び状が送られてくるのは初めて」。地方の化粧品専門店のオーナーがそう話すように、異例の事態が起きている。

資生堂が謝罪することになったのはなぜか。原因は、自社EC(ネット通販)サイト「ワタシプラス」で販売した、「スペシャルキットコレクション」という値引きセットにあった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内