ソフトバンクGが抜擢した影のキーマン 2兆円に上る上場株投資の有用性とは

印刷
A
A

責任者に若手人材を抜擢。だが、投資の意義が見えてこない。

孫氏は「AI(人工知能)革命の本命中の本命は、上場会社の中にある」と言うが…

「AI革命を支援する投資会社なのに、上場会社は(投資の)対象外だなんて、誰が決めたんだと。私は、活躍する会社に投資していく」

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は今、米国の大手IT企業を中心とした上場株への投資を急激に膨らませている。11月9日に開いた中間決算の会見で孫氏は、投資の背景を冒頭のように説明した。「まだテスト段階」とは言うものの、上場株に投じた資金は2兆円を超す。

8月に発表した上場株の投資運用子会社は、SBGが67%、孫氏が33%を出資。ファンドは、アラブ首長国連邦のアブダビを拠点として運営されている。9月末時点でアマゾンやフェイスブック、アルファベット(グーグルの親会社)など約1.8兆円の現物株と約4000億円のコール・オプション(あらかじめ決められた価格で株を購入する権利)を保有している。

今回の決算でSBGは、これまで非開示としていた投資運用子会社の体制を初めて明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内