感染症の予防行動はなぜ徹底されにくいのか 予防動機が弱い人からの協力も不可能ではない

印刷
A
A

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっている。こういった感染性の病気の拡大防止は、政策主導の防止対策の強化に加えて、一人ひとりの感染予防行動に懸かっている。予防行動はワクチンなど医薬品を用いるものと、手洗い・うがいや行動制限などに分類されるが、ワクチンが未開発の場合、後者に限られる。

経済学では行動への誘因(インセンティブ)として補助金など金銭的なものを考えることが多いが、感染症予防行為における重要な動機として明らかになっているのが、自身の感染リスクだ。具体的には、自己の感染リスクが高いと認識すると予防行動への意欲が高まるが、リスクが低下すると低くなる。リスクの認識と予防行動の意思決定に関係があることは、これまでの研究で麻疹(ましん)、HIV感染症、インフルエンザなどさまざまな疾病において示されてきた。一見当たり前のようだが、これが感染症のコントロールを難しくする理由の1つ目である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内