ルポ・アメリカ 若者の反乱 変容する米国社会

印刷
A
A

今、米国が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて若者が右と左に分裂。新しい政治運動になりつつある。

本誌:林 哲矢
写真:現状の政府や政治に不満を持ち、先鋭な解決策を求める若者が増えている

夏休みを迎え、国内外から観光客が多く訪れる米首都ワシントンDC。名所の1つであるホワイトハウスの前で20代とおぼしき若者が大声で叫んでいた。

「トランプは正しいことをしている。国境の壁を作り、移民を制限するべきだ。中国に対しては強硬に出て当たり前だ。なぜ偉大なトランプを批判するんだ」

7月のワシントンは気温30度を超える蒸し暑さ。炎天下にもかかわらず、ホワイトハウスの前では反トランプ派が座り込み、プラカードを掲げて大統領を批判していた。その真横で親トランプ派が大統領擁護の主張を繰り広げている。分裂する米国社会の状況を象徴するかのような風景だった。

米大統領ドナルド・トランプが打ち出す政策に対し、反対のデモが頻発する(AP/アフロ)

特集「ルポ・アメリカ 若者の反乱」の他の記事を読む

2020年の大統領選挙を控え、米国が揺れている。その震源となるのが、ミレニアル世代に代表される若者だ。1981~96年に生まれたミレニアルは、「アメリカンドリームを失いつつある」と米国で最大の社会主義団体、米民主社会主義者(DSA)の全国政治委員会のメンバーであるクリス・マイザーノは語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内