有料会員限定

BtoBの新鉱脈に突進 IT周辺機器のエレコム

印刷
A
A

パソコン周辺機器やスマホ関連グッズで知られるエレコム。IoT時代のB to Bに今後の成長を託す。

本誌:山田雄大
写真:マウスやキーボード、無線LAN装置など取り扱い製品は多岐に及ぶ

9月中旬、東京都心の大手家電量販店。発売されたばかりの米アップルの新型スマートフォン「iPhone X(テン)S」を購入した30代の男性が、アクセサリーコーナーでXS用のケースと画面保護フィルムを選んでいた。買ったのはいずれもエレコムの製品。理由を聞くと、こんな答えが返ってきた。「エレコム? 手に取って気に入ったのを選んだら、たまたまそうだっただけですよ」。

スマホケースや保護フィルムのメーカー名に強いこだわりを持つ消費者は、それほど多くはない。だから、男性が言うように、エレコムの製品が選ばれるのは多くの場合「たまたま」。ただ、その「たまたま」の確率をどれだけ高められるかが企業の競争力になる。冒頭の家電量販店のスマホ関連アクセサリーの売り場で、最も目立つ位置に陳列されていたのはエレコムの製品だった。

エレコムは、パソコン用のマウスやキーボード(ともに国内シェア1位)、無線LAN装置(同2位)、さらにはスマホのケース(同1位)、保護フィルム(同1位)など、IT周辺機器やスマホ関連グッズを幅広く手掛ける。読者も身の回りを探せば、一つくらいエレコム製品を使っているはずだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内