女性の7割はサイズの違う下着を付けている 第2回 「ブラジャーは決して苦しいものではない」

印刷
A
A
ワコールが2019年春にオープンする予定の次世代型インナーウエアショップ。この店舗で3DボディスキャナーやAIを活用した接客を試験的に運用したうえで、直営店や百貨店の売り場などで同様のサービスを導入する予定だ(写真:ワコールホールディングス)

特集「下着業界の競合は「ユニクロ」だ」の他の記事を読む

ワコールが創業したのは、戦後間もない1946年。ファッションにおいても欧米化の波が押し寄せ始めていた当時、創業者の故・塚本幸一氏は、「日本の女性を美しくしたい」という思いのもと、洋装であるブラジャーの大量生産に着手した。

それから半世紀以上。ブラジャーが日本人女性に広く普及した現在、ワコールには“逆風”が吹きつつある。ユニクロの「ブラトップ」のようなカップ付きのインナーや、ワイヤレスで締め付け感のないブラジャーなど、安価で楽な着心地の下着が好まれる傾向が強まってきた。さらに主要販路である百貨店や量販店も、若者離れや集客力の鈍化が叫ばれ、市場環境は厳しさを増している。

一方、米国や中国など海外事業では順調に利益を伸ばしている。国内と海外双方で、この先どう顧客を獲得していくのか。下着以外の新事業への挑戦はあるのか。ワコールホールディングスの安原弘展社長に聞いた。

“着心地”の意味が誤解されている

──最近は「ブラトップ」など、安くて楽な着心地の下着が売れています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内