有料会員限定

カルビー、成長への賭け シリアルで挑む中国進出

印刷
A
A

スナック菓子最大手、カルビーが生んだ人気シリアル食品「フルグラ」。大ヒットした日本に続き、中国でも新市場創出なるか。

(本誌:石阪友貴)写真:中国で販売するため、北海道での生産も始めた。写真は重慶での展示会風景

新千歳空港そばにあるカルビーの北海道工場にて、2017年8月に稼働したシリアル食品「フルグラ」の生産ラインが早くもフル操業で大忙しだ。使用している原料など中身自体は他工場のものと同じだが、製品パッケージには大きな文字で「北海道製造」と書かれている。実はこの“北海道産フルグラ”は当面、国内で流通することはない。生産された全量が中国の消費者に届けられるのだ。

ポテトチップスをはじめとするスナック菓子を主力とするカルビーにあって、近年成長著しいのがフルグラだ。オーツ麦やライ麦などの穀物にナッツ、シロップを混ぜて焼いた「グラノーラ」と呼ばれる種類のシリアルで、香ばしさとザクザクとした歯応えが大きな特徴。ここ数年間、毎年3割超のペースで販売が伸びている。今年度の製品売上高は300億円突破が確実だ。

特集「カルビー、成長への賭け」の他の記事を読む

カルビーは今、同事業の成長を一段と加速すべく、膨大な胃袋を抱える中国市場にも販路を広げようと動いている。そのために北海道で新ラインを稼働させた。17年夏からインターネット通販経由で中国の消費者への販売を始め、好調な売れ行きを見せている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内