有料会員限定

川喜田二郎の発想法で表現法を学ぶ(3) 作業仮説をチームで検討してみる

印刷
A
A

具象化する以前の混沌とした事柄を文章化するきっかけをつかむ技法として、川喜田二郎氏が提唱する「一行メモ」は優れている。〈問題の構造がとらえられたならば、それをさらに圧縮的に、短かい一行の文句もしくは一言で表現することである。こうしたときはじめて、どういう問題が追求すべきものかということが、当事者にもはっきりと浮かびあがってくる。もし問題が個人的な問題だとすると、それをはっきり提起するためには、自分の頭の中を探検しなければならない。それゆえ、この手続きを、かりに「内部探検」と呼んでおこう〉(川喜田二郎『発想法 改版』中公新書、2017年、29~30ページ)。ここで川喜田氏が文学的表現をしている「内部探検」とは、作業仮説を組み立てることだ。頭の中で、いくつかの作業仮説を組み立ててみる。それをノートに書き出してみる。この作業によって、作業仮説の問題が見えてくる。一つと思っていた問題が、実は複数の要因からなる複合問題であることが明らかになる場合も多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内