有料会員限定

送電線の謎 再エネが接続できない

印刷
A
A

北海道や東北など全国各地で、再エネの電気を送電線に送ることが困難になっている。そこに隠された電力会社による送電線独占の実態とは。

(本誌:岡田広行)

太陽光や風力などの再生可能エネルギーが豊富にあっても、送電線を使えなければ、消費者に電気を届けることはできない。現在、送電線が制約要因となり、再エネ電気を送ることのできない事態が全国各地で発生している。

問題が最も深刻化しているのが北海道だ。日本における風力発電の最適地でありながら、北海道電力の調整能力がネックになり、再エネ発電を手掛ける企業のコストが大幅に増加している。

「風力発電を電力系統(送電網)につなぎたいのであれば、出力の変動を減らすための蓄電池の費用負担受け入れが条件になる」

昨年4月、北電はそんなルールを風力発電事業者に示した。

北海道北部は風の強く吹く地域が多く、風力発電の適地だ(共同通信)

特集「再エネが接続できない 送電線の謎」の他の記事を読む

風力発電では風の強さによって発電量が大きく変動する。そのため、電力会社の受け入れ能力を超えた量が送電網に接続されると、火力発電を用いた変動の吸収が追いつかなくなる。そこで、「発電事業者が蓄電池を自前で導入するか、当社が用意した蓄電池の費用を負担してほしい」というのが、北電が風力発電の新たな接続に際して打ち出した条件だ。受け入れなければ風力発電設備を送電線につなぐことはできないという、世界でも例のないルールだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内