“泊まれる銀座"への変貌 新ブランドホテルが続々

印刷
A
A

2020年に向け銀座がホテル開発の最前線に。高単価戦略に舵を切る。

買い物客や訪日観光客でにぎわう銀座。中央通りから一歩内側に入ると、「建設用途 ホテル」との掲示のある工事現場があちこちに目立つ。

内外の高級ブランド店が軒を連ね、日本を代表する商業地の銀座に今、ホテル進出が相次いでいる。

大手不動産デベロッパーの森トラストは7月12日、銀座2丁目に開業するホテルを発表した。高級ライフスタイルホテル「エディション」を2020年春〜夏に、銀座と虎ノ門で同時に開業する。運営は米マリオット・インターナショナルに委託する。

「銀座の名声を上げる」

ライフスタイルホテルとは、日本でデザイナーズホテルやブティックホテルと呼ばれる分野。従来のホテルが設備の豪華さに照準を合わせているのに対し、デザイナーの感覚を生かすなど、より流行を重視したものとなっている。

大手チェーンでは米スターウッドホテル&リゾートの「W」、国内に展開しているブランドでは米ハイアット ホテルズ コーポレーションの「アンダーズ東京」がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内