有料会員限定

アジア最強企業アリババのさらなる進化を追う 史上最大の米NY上場2年、杭州の本社を直撃

拡大
縮小

もはやECだけではない。ビッグデータ蓄積を通じさらなる進化を目指す姿を現地で追う。

[ポイント1]
米国上場から2年、業績は順調に拡大。EC(電子商取引)は個人間取引(CtoC)と仮想商店街(BtoC)が7:3の割合。

[ポイント2]
11月11日の「独身の日」セールで日本のEC年間取扱高の約半分を1日でたたき出す。中国依存度下げるためデータ収集を強化。

[ポイント3]
37.5%出資する金融事業の運営会社アント・フィナンシャル(旧アリペイ)が17年にも上場。世界3位のMMF運用額。

 

世界遺産に登録された西湖がシンボルとして知られる中国・杭州市は、中国有数の観光都市だ。9月上旬に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の会場にも選ばれたこの街に中国最大のEC(電子商取引)会社、アリババグループ・ホールディングの本社はある。

「西渓キャンパス」と呼ばれる本社の敷地面積は50万平方メートル。日本人の建築家・隈研吾氏がチーフデザイナーを務めたことで知られる。周囲は湿地帯に囲まれており、キャンパス内には緑があふれる。敷地は広大で、社員が自転車やセグウェイで移動する姿が目につくほどだ。グループの全従業員4.62万人のうち、1.3万人が働くこの地で、アリババの将来像を探った。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内