有料会員限定

1945年の終わり 平等と平和の幻想としての

✎ 1〜 ✎ 130 ✎ 131 ✎ 132 ✎ 最新
拡大
縮小

第2次世界大戦(欧州戦線)が終わりを告げた1945年5月8日。世界は、至る所廃墟だった。人間の破壊能力にはほとんど制限がないとすれば、最初からまたすべてを始める力は、ただ見事としかいいようがない。

終戦直後、数百万の人々は飢えに苦しみ疲れ果て、生きること以外何もできなかったに違いない。しかし同時に、ある理想主義の波が瓦礫(がれき)を越えて広がった。今までより平等で、平和で、安全な世界を作る決意の固まりのようなものだ。

戦争の英雄であるチャーチルが45年の夏、日本の降伏前だったのに選挙で再選されなかったのはそのためだ。人々は、特権階級と社会的貧困の昔に戻るために命の危険を冒したのではない。よりよい住まい、教育、無料の医療制度がすべての人に与えられることを望んだのだ。

右派のレジスタンスを率いるシャルル・ド・ゴールですら、自身の戦後最初の陣営には共産主義者を受け入れざるをえず、産業と銀行の国有化に同意した。西欧は全体的に、社会民主主義的福祉国家に向かい、左寄りとなっていた。これは「1945年コンセンサス」の一部だ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内