有料会員限定

幻に終わった米国とパキスタンの核交渉 オバマ大統領の功績にもうひとつ

✎ 1〜 ✎ 110 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 最新
拡大
縮小

米国が、パキスタンの核兵器プログラムを抑制すべく交渉しようとしていたことが明らかになった。米メディアは合意の成立が間近だと報じた。が、外交および国家安全保障に関する主要顧問であるサルタージ・アジズ氏を含むパキスタン高官らの話では、進行中の合意などなかったという。むしろ、米国がパキスタン政府に圧力をかけ、戦術兵器や短距離ミサイルの生産制限要求に応じさせようとした印象だ。

パキスタンの政治指導者らは難しい立場に置かれた。同国の強力な軍部に対し核兵器開発に制限をかけるよう説得することなど、彼らには不可能だった。米国による働きかけは、安全保障に関するパキスタン国内の分断を深めただけだった。

パキスタンの指導者らは、急速に悪化するインドとの関係の修復に注力しようと決心していた。そのため、オバマ大統領とシャリフ首相の会談後に発表される声明の米国草案を受け取り、それがほぼすべて核問題に重点を置いているとわかると、修正に関する同意を取り付けるためにアジズ氏が1日早くワシントン入りすることが決められた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内