有料会員限定

売れる車を造れない 三菱自動車の未来 三菱グループ支援で危機は脱したが

印刷
A
A

三菱自動車が1年5カ月ぶりに新型車「コルト プラス」を発売した。2007年末までにさらに11車種を発売する計画だ。しかし消費者の三菱離れは深刻。いくらコストをカットしても、車が売れなければ収益は回復しない。三菱自動車に未来はあるのか。

三菱自動車3つの弊害

設計至上主義で新車開発能力を喪失

「三菱自動車には買いたいと思う車がない」

三菱自動車系販売会社のある社長はユーザーからこう言われることが多いと嘆く。

10月6日、初公判の ため横浜地裁に入る河 添克彦元三菱自動車社 長。裁判の長期化は販 売に悪影響を与える

現在進行している再建計画では、2004年度894億円、05年度1912億円のコスト削減を徹底し、06年度の最終利益黒字化を目指す。しかし、いくらコストカットを加速しても、「黒字化のためには、06年度までに2~3車種のヒット車が必要」(自動車アナリスト)と、車が売れなければ再建計画が達成できないことは言うまでもない。

「ヒット車を出すことができるのか」

これが、三菱自動車存亡の“キモ”だ。しかし、今や国内市場では6カ月連続で販売ランキング上位20モデルにランクインしていない低迷状況が続く。一連のリコール不祥事が影響しているとはいえ、そもそも、ユーザーから「買いたい車がないメーカー」と酷評されている。

三菱自動車はなぜ、ユーザーを魅了するヒット車を出すことができないのか。車造りに根本的な問題があるのか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内