「ユーロスター」20周年、次の路線計画は?

<動画>フランスやオランダで路線を拡大

シーメンス社製の車両

11月14日、英仏海峡トンネルを通り、パリとロンドンを結ぶ旅客鉄道を運行するユーロスター社は20周年記念式典を行った。同社は、式典で17の新型車両を発表した。詳細を見ていこう。

エリザベス女王は1994年に開業の式典に出席した。それ以来、ユーロスター社は、ロンドン、パリ、さらにブリュッセルの間で、1億5000万人の乗客を輸送した。

新型車両の輸送人員は20%増

同社は10億ポンドを掛けた分解検査と新型車両により、20周年を祝いたいとしている。「ユーロスター社はその新型車両を運行開始するが、それは20年前の開業以来初の新型車両の導入となる。他の車両と異なり、よりヨーロッパの線路に適応している模様で、同社の拡大計画が全速力で前進していることを表している」(ロイターのCIARA LEE記者)。

ユーロスター社の利益は、過去10年で年々増加しており、新型e320系は輸送人員を20%増やせるように設計されている。

次ページ20年前は懐疑的な意見が多かった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT