「ユーロスター」20周年、次の路線計画は?

<動画>フランスやオランダで路線を拡大

シーメンス社製の車両

11月14日、英仏海峡トンネルを通り、パリとロンドンを結ぶ旅客鉄道を運行するユーロスター社は20周年記念式典を行った。同社は、式典で17の新型車両を発表した。詳細を見ていこう。

エリザベス女王は1994年に開業の式典に出席した。それ以来、ユーロスター社は、ロンドン、パリ、さらにブリュッセルの間で、1億5000万人の乗客を輸送した。

新型車両の輸送人員は20%増

同社は10億ポンドを掛けた分解検査と新型車両により、20周年を祝いたいとしている。「ユーロスター社はその新型車両を運行開始するが、それは20年前の開業以来初の新型車両の導入となる。他の車両と異なり、よりヨーロッパの線路に適応している模様で、同社の拡大計画が全速力で前進していることを表している」(ロイターのCIARA LEE記者)。

ユーロスター社の利益は、過去10年で年々増加しており、新型e320系は輸送人員を20%増やせるように設計されている。

次ページ20年前は懐疑的な意見が多かった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT