「ユーロスター」20周年、次の路線計画は?

<動画>フランスやオランダで路線を拡大

シーメンス社製の車両

11月14日、英仏海峡トンネルを通り、パリとロンドンを結ぶ旅客鉄道を運行するユーロスター社は20周年記念式典を行った。同社は、式典で17の新型車両を発表した。詳細を見ていこう。

エリザベス女王は1994年に開業の式典に出席した。それ以来、ユーロスター社は、ロンドン、パリ、さらにブリュッセルの間で、1億5000万人の乗客を輸送した。

新型車両の輸送人員は20%増

同社は10億ポンドを掛けた分解検査と新型車両により、20周年を祝いたいとしている。「ユーロスター社はその新型車両を運行開始するが、それは20年前の開業以来初の新型車両の導入となる。他の車両と異なり、よりヨーロッパの線路に適応している模様で、同社の拡大計画が全速力で前進していることを表している」(ロイターのCIARA LEE記者)。

ユーロスター社の利益は、過去10年で年々増加しており、新型e320系は輸送人員を20%増やせるように設計されている。

次ページ20年前は懐疑的な意見が多かった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。