ニューオータニが「奇抜プラン」を連発する舞台裏 名門ホテルの異端児、実はナイトプールの元祖

印刷
A
A

巨艦ホテルの客室を埋めるべく、矢継ぎ早に企画を打ち出す。

迎賓館の帝国ホテル、世界トップを目指したオークラと異なり、ビジネスパーソンなどの一般客を迎えることも開業時からの重要な役目だ(記者撮影)

特集「ホテル業界 復活の難路」の他の記事を読む

「海が中止でもプールがある!完全予約制のプールリゾート、梅雨明けオープン」

「記念日だけは自粛させない!ホテルだからこそ叶う妥協知らずの『記念日宿泊プラン』」

何ともキャッチーな文言だが、これらはホテルニューオータニ(東京都千代田区紀尾井町)で実際に投入されたプランや企画の一部だ。

一目置かれる企画力

現在もアニメ「鬼滅の刃」とのコラボを繰り出し、都内ホテルで最大級のプールには期間限定のサウナが登場。卒業旅行プランの利用者向けにノンアルコールスパークリングワインなどが当たる「卒業祝いガチャ」も設置し、名門ホテルの枠を超えた大胆なプランを多数仕掛けている。

帝国ホテル、ホテルオークラ(現The Okura Tokyo)」と並び業界で御三家と称される名門ホテルながら、自由奔放な企画力は業界関係者も一目置くところなのだ。

プラン作成に広告代理店やPR会社は関わっておらず、すべて手弁当。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の最中でも、従業員はアイデアを突き詰めてきた。共通するのは「コロナで自粛を強いられる中、ホテルで何とか楽しめないか」という意識だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内