セブン&アイ百貨店売却で終わらぬ難路 米ファンドと対立

印刷
A
A

辛辣な公開質問状に実質ゼロ回答。そごう・西武を切り離しても火種がくすぶる。

セブン&アイは百貨店事業の切り離しに動き出した。写真は旗艦店である西武池袋本店(撮影:今井康一)

「株主との対話はこれまでもしっかりやってきた」。2月3日夜、セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は、自宅前に詰めかけた記者たちにそう答えた。

米投資会社であるバリューアクト・キャピタルからセブン&アイが公開質問状を突きつけられたのは1月26日のこと。質問状の中でバリューアクトは2つの要望を出していた。

1つ目はセブン&アイの社外取締役による機関投資家へのヒアリングだ。現経営陣に対する意見を20~30の主要機関投資家から聴くことを希望した。2つ目は社外取締役からなる「戦略検討委員会」の設立。事業部門売却などを検討したうえで、4月末に変革の提言を公表するよう求めた。

セブン&アイは質問状を受け取ってから8日後の2月3日に取締役会で協議。見解を公表したが、2つの要望には直接の回答を避けた。実質ゼロ回答といえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内