日立、グループ再編「最終章」に待ち受ける課題 伊藤忠と投資ファンドに日立建機株を売却へ

印刷
A
A

最後の上場子会社、日立建機の株をついに放出。伊藤忠とのシナジーは。

伊藤忠商事と協力し、米州事業を強化する日立建機。日立グループとの協業関係やブランドは維持する(写真:日立建機)

2009年に22社もあった日立製作所の上場子会社の整理がついに完了する。

日立は1月14日、建設機械大手の日立建機の株式26%を1824億円で売却すると発表した。伊藤忠商事と投資ファンドの日本産業パートナーズが出資する特別目的会社が取得する。51.5%だった持ち分は25.4%となる。日立建機は日立の連結から外れ、持ち分法適用会社になる。

当局の審査を経て、6月には売却が完了する見通し。日立は2023年3月期に売却益770億円を計上する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内