有料会員限定

経営者はそんなに偉いのか? CEOの増長こそ諸悪の根源

印刷
A
A

石油大手エクソンモービルとたばこ大手フィリップ モリスがそれぞれ温暖化ガス削減と禁煙促進に向けた自社計画を高らかにうたい、ソーシャルメディア大手フェイスブックもインターネットの新規制を自ら呼びかける──。米大企業の経営者団体ビジネス・ラウンドテーブル(BR)がすべてのステークホルダー(利害関係者)に配慮した経営を行うよう求める声明を出してから2年と経たずして、このような動きが広まってきた。

今日の経営者は企業の責任に新たな時代を開こうとしているのか。それとも、これは自らの権力を守る行動にすぎないのか。

過去数十年にわたり、「株主至上主義の経営」は圧倒的な支持を集めてきた。が、ここに来て「株主価値の最大化が企業の唯一の目的であってはならない」とする議論が力を増すようになっている。

では、私たちは経営者向けに新たな憲章を書き上げ、幅広いステークホルダーに配慮した経営を行う権能を彼らに授けるべきなのだろうか。BRはそうした考えのようだ。だが、経営者の裁量権をさらに拡大しようとする動きには警告を発しておきたい。株主至上主義は、株価への執着を生み、働く人々と株主の対立を深めた点だけが問題だったのではない。その問題は、経営者に絶大な権力を付与した点にこそあった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内