有料会員限定

ブルとベア、軍配はどちらに? コロナ禍の「丑年」株式相場

印刷
A
A

2020年の株式市場は本欄などで筆者が予想してきたように強気の展開となった。では、21年はどうなるのか。ブル(強気相場)とベア(弱気相場)、双方の理屈をみたうえで、筆者がどちら寄りなのかを明らかにしよう。

ブル側を支えるのは20年と同じで、大規模な金融・財政政策を受けて楽観論が強まる筋書きだ。強気相場は一定期間続いたら、必ず寿命を迎えるものでもない。各国の政策担当者からも金融・財政政策の拡大を示唆する発言が相次いでいる。その代表が米国だ。

バイデン次期政権によって米国が国際協調路線に復帰すれば、市場にさらなる追い風となる可能性もある。というのは、コロナ禍からの経済復興を確実にするためには「何でもやる」という流れが主要国政府の間で強まる展開が考えられるからだ。気候変動対策でも国際協力の進展が期待できる。コロナ禍は対策の前進を妨げるどころか、危機感を新たにする契機となったようにみえる。

米ファイザーと独ビオンテック、米モデルナ、英アストラゼネカと英オックスフォード大学のワクチンに続いて、一段と効果的なワクチンや治療薬も利用可能となるだろう。21年末には相当なレベルまでワクチン接種が進むはずだ。循環的な景気回復との相乗効果も踏まえるなら、一連のプラス要素が指し示すのはブルの優勢である。新たな混乱が起こらない限り、強気相場は勢いを保つ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内