第一三共は、がん治療薬大手になれるか 英アストラゼネカと組んで開発を加速

拡大
縮小

英国の製薬大手との提携でがん治療薬開発を加速。その成否は。

第一三共は「がんに強みを持つ先進的グローバ ル創薬企業」への転換を目指している

国内製薬大手の第一三共は7月27日、同社が開発を進めるがん治療薬候補「DS-1062」の開発と販売で、英国の製薬大手アストラゼネカと提携することを発表した。

第一三共がアストラゼネカから最大60億ドル(約6300億円)を受け取る大型の契約だ。まずは契約一時金で10億ドル。さらに開発の進捗に応じて10億ドルを受け取り、製品が発売された後、一定の売上高を達成するごとに、段階的に最大で40億ドルを受け取る内容だ。

第一三共にとってこの提携の意義は大きい。1つは、契約金の60億ドルとは別に、今後の開発費を両社で折半できることだ。

DS-1062はまだ開発の初期段階にあり、開発費負担を軽減できる。発売後には、複数の大型がん治療薬を海外で展開しているアストラゼネカの営業網を活用して海外販売できる。

提携発表翌日、第一三共の株価は10%急騰し、時価総額は6兆7000億円を超えた。それまで6兆円前後で競っていた武田薬品工業を引き離し、製薬業界では2位に躍り出た(トップは中外製薬の約8兆円)。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内