最低賃金の引き上げで生産性は上がるのか 地域や業種による違いを考慮する必要も

印刷
A
A

最低賃金の上昇が続いている。2019年度の額面は06年度と比べて、全国平均で約34%上昇した。この間、物価はあまり上がっていないため、労働市場に大きな変化が起こっていることがうかがえる。

最低賃金の引き上げは、低賃金労働者の貧困対策としての役割が期待される一方で、経営者にとっては悩ましい政策でもある。増加した分の人件費負担をどうやって工面するか、考えなければならないからだ。

企業の負担を補うために労働者の雇い止めが行われたり、福利厚生費が削られたりしては、本来の政策目的に反して労働者は苦しむことになる。企業の対応次第で、最低賃金制度が再分配政策として機能するかが問われるのだ。

一方で、最低賃金の上昇で労働者のモチベーションが高まり、経営者の創意工夫も刺激できれば、企業の売り上げはむしろ伸びる可能性がある。伸びた売り上げが人件費の上昇分を相殺するならば、企業は雇用量を削減して生産規模を縮小する必要もなくなる。近年は、このような生産性に着目した研究も進められている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内