有料会員限定

『ボルカー回顧録 健全な金融、良き政府を求めて』 『年金不安の正体』『天皇と軍隊の近代史』ほか

✎ 1〜 ✎ 234 ✎ 235 ✎ 236 ✎ 最新
拡大
縮小

想像せずにいられない。FRB議長再々任だったら
評者・BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

『ボルカー回顧録 健全な金融、良き政府を求めて』ポール・A・ボルカー、クリスティン・ハーパー 著/村井浩紀 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile] Paul A. Volcker/1927年生まれ。ニクソン政権の財務次官補、ニューヨーク地区連邦準備銀行総裁を経てFRB議長。議長退任後も公共への奉仕を続け、オバマ政権では経済再生諮問会議議長を務める。いわゆるボルカー・ルールを提案。
Christine Harper/『ブルームバーグ・マーケッツ』誌編集長。休職して「私の手を引くように回顧録づくりに取り組んだ」(本書謝辞)。

ボルカー氏は、FRB(米連邦準備制度理事会)の議長を2期(1979〜87年)務めた。80年代初頭、米国をマヒさせた高インフレを退治し、中央銀行への信頼を回復した人物として知られるが、その偉業は長い経歴の中の1つにすぎない。財務省時代には、戦後の固定為替レート制の維持・修復に奔走し、FRB議長退任後は政府のさまざまな諮問会議の委員長を務め、リーマンショック後も金融規制の再構築に尽力した。

本書は、真の意味で国民に尽くした公僕の回顧録だが、邦訳の刊行から2カ月弱で、その訃報に接することになろうとは。世界はまた1人高潔な人物を失ってしまった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内